りっきーの本棚

読書したあとのアウトプットの場

読破「ざっくり分かるファイナンス」石野雄一

 

読み始めた背景

公私ともに数字に対してもっと強くなる必要があると感じていたところで、
先輩から推薦された一冊。上司と話したり、提案する際にも数字が必要になるので、
ここで改めて力をつけたい。

 

こんな人におすすめ

  • ファイナンスと会計の違いがわからない方
  • 財務3表のそれぞれの見方をざっくり理解したい人
  • ファイナンスにおける基本知識を習得したい人
  • 会社の値段、投資、借り方、返し方など基本的な考えを知りたい人

 

一言要約

ファイナンスというツールを使うことで経営者は意思決定の精度を高めることができる

 

内容

第1章 会計とファイナンスはどう違う?

会計:「利益」と「過去」を扱う
ファイナンス:「キャッシュ(現金)」と「未来・現在」を扱う
→扱う対象と時間軸が異なる

会計は財務会計(外向き)と管理会計(内向き)で構成
※どちらも現状を把握
財務会計ファイナンスが関わってくる

決算書は
「賃借対照表(BS:バランスシート)」
損益計算書
キャッシュフロー計算書」の財務3表で構成されている

賃借対照表
・決算日の状況を表している
・企業がどのように資金を調達して運用しているかを示したもの
・必ず左右が均等に保たれるようにバランスが取られている
※他詳細について解説

損益計算書
・収益と費用から利益と損失を示すもの
・粗利は付加価値力を表している
販管費は販売するのにかかった費用(営業の人件費はここに含まれる)
・営業利益は本業で儲けられる力を表したもの
→それぞれのパート(利害関係者)との利害関係を表している

賃借対照表は結果を表し、損益計算書は原因を表している

キャッシュフロー計算書
・企業の収入と支出のキャッシュの動きを表すもの
ー営業活動キャッシュフロー:儲ける力を表す
ー投資活動キャッシュフロー:投資に対して積極的かを表す
ー財務活動キャッシュフロー:資金調達方法や営業、投資の動き
キャッシュフローは成長サイクルの時期によって異なる

第2章 ファイナンス、基本のキ

ファイナンスは意思決定に関するもの
1.投資の決定
2.資金調達
3.分配・配当
企業価値を向上させるために行う
企業価値とは「債権者」と「投資家」にとっての企業価値

今は「利益」よりも「キャッシュ(現金)」が重要視されている
→「会計」よりも「ファイナンス」が重要視される

リスク:危機(危険と機会の両方のこと)
→将来の不確実性のことをいう(バラツキがあること)
※仮に株価が下がったとしても将来確実に上がるのであればそれはリスクが低い
※予測できないことがリスク

リターン:利回り(ROI)のこと

期待収益率:予想収益率の期待値

ハイリスク・ハイリターン:高いリスクには高いリターンを求めること
・リスクフリーレート:国債に投資する際の利回り
・リスクプレミアム:フリーレート以上の利回りを求める

資金調達について

負債コスト:債権者から有利子負債の利息=債権者が求めるリターン
株主資本コスト:投資家への配当=投資家が求めるリターン(CAPMを元に算出)

合わせたものを資本コストといい、加重平均で求めるため
加重平均資本コストといいWACC(ワック)と表される
※WACC:Weighted Average Cost of Capital

負債コストばかりに注目されがちだが、株主資本コストも見ておかなければいけない
ないがしろにしていると株価に大きく影響し、企業価値の毀損につながる

WACCは低いほうがいい
→資金調達コストが低いことを表す

そのために適切なタイミングで適切な情報公開を行うことで投資家からの信頼を得る
→IR(企業の広報活動)のミッション

営業利益が重要視される(本業で儲ける力)

税引後営業利益(企業にとっての収入) = 営業利益 ー みなし法人税

ROIC(投下資本利益率)= 税引後営業利益 / 投下資本

EVAスプレッド = ROIC(利益) ー WACC(資金調達)
※これをプラスにし、拡大していくことが経営者の使命

第3章 明日の1万円よりも今日の1万円~お金の時間価値

お金の時間価値:いつ受け取るのかでその価値は変わる
※明日の1万円よりも今日の1万円のほうが価値がある

ファイナンスにおいて利息は複利が基本

将来価値(FV):今の価値のものを複利で運用したらどれぐらいの価値になるか
※現在の価格(価値)の将来における価値

現在価値(PV):時間軸が異なる価値を現在の価値に戻すとどれぐらいの価値になるか
※お金は時間が進めば進むほどその価値が小さくなる
※キャッシュを受け取る際には早いほうが得で、支払いの場合は遅いほうが得

将来価値と現在価値は表裏一体
将来価値→現在価値の場合:割引率
現在価値→将来価値の場合:収益率(利回り)
※どちらも同じだが、言い方が違う

安全なお金がリスクがあるお金よりも価値がある
※安全:割引率が低く、価値が高い
※リスク高い:割引率が高く、価値が低い
→割引率は信頼と同じ

企業価値を求める際にはその企業が永遠に続くことを前提として考える
(永久債・成長型永久債)

第4章 会社の値段

企業価値:事業価値と非事業価値にわかれる

非事業価値:事業と直接関係のないもの

事業価値:将来生み出すフリーキャッシュフローを現在価値に割引きしもの
→お金の現在価値
※割引にはWACCを使用する
※調達コストは投資家の期待収益率と表裏一体だから

フリーキャッシュフロー:営業活動CFと投資活動CFを足したもの
※利益から投資分を引き、残った分はすべて投資家で自由に分配できる

減価償却は利益がでているように見せるため耐用年数に応じて足し戻し(調整)する

運転資金は材料費や在庫のことでこれが増えれば運転資金も増加する

企業価値を求める際には成長型永久債と同様の考え方で求める

企業価値を高めるには
・フリーキャッシュフローを極大化(利益を上げる)
・WACCを下げる
・非事業資産の活用(売却後分配するなど)

第5章 投資の判断基準

投資判断のプロセス
→価値と価格を比較して、価値があれば投資する

  1. NPV法:実際にどれぐらいの価値を生み出すかを計算
  2. NPV-R法:投資に対する価値の増減率
  3. IRR法:価値と価格の割引率
    →WACCと比較しなければ結果を間違える
  4. 回収期間法:投資がいつ回収できるかを計算
    ※参考まで

第6章 お金の借り方・返し方

お金を借りることでよりレバレッジが効き、より大きなことができる
※ただし、リスクも増大する

負債が増える節税効果あるため、結果企業価値が高まる

ただし、ある一定以上を超えると財務破綻コストが高まるため、
WACCとのバランスが重要

感想

本当に難しくて理解しながら読み進めるのが非常に大変だった。特に会計の知識がない状態で読むと第1章で挫けそうになるし、そこを超えても第2章でファイナンスの用語や考え方がたくさん出てきて苦戦する。

はじめにの部分で記載があったように、たしかにすごく難しい計算式は出てこないが、知らない用語同士を組み合わせた計算式は初心者からすると難しい計算式のように見えてしまう。それらが前提となり後半はざざっと進むので難易度が高かった。

しかし、今回時間をかけて読み切ることができてよかったと心から感じている。
公私ともにお金に関しての意識を高めようという気持ちがでたので、それらを早速実践していきたい。

 

実際に行うアクション

  • 家計簿アプリを導入して、まずは家計について考える
  • 会社の数字を意識的に見る時間を設定して、見るようにする
  • 現在投資している案件の見直し