りっきーの本棚

読書したあとのアウトプットの場

読破「不可能を可能にせよ! NETFLIX成功の流儀」マークランドルフ

 

 

Netflixの共同創業者かつ、初代CEOの回想録。

創業期の気持ちや考えがリアルに描写されており、自分もその場で見ているような臨場感が味わえる。続きが気になり一気に読める一冊だった。

 

特に心に残った部分を本文より一部抜粋

自分が解決する問題が自分の問題だったらもっと満たされるのではないか

解決する問題が誰のものとか考えたことがほとんどなかったし、それを自分事化できればと思いつくのがすごいと思った。ある意味アイディアだと思うし、発想が斬新だと感じた。それと同時に私自身も自分の問題を解決することを考えてみたいと感じた。

 

自分のアイデアを人に話すのはむしろ良いことだと気づいていた。アイデアを話す相手が多いほど良質なフィードバックがもらえ、過去の失敗談を教えてもらえる。人に話せはアイデアの精度が上がり、相手が肩入れする気になってくれるのも常だった。

話すことで内容も洗礼され研ぎ澄まされる。このアイデアどうだろって話すこと自体にためらっていてはダメだ。最初からいいアイデアなんてものはなく、やってみたり話してみなければ始まらない。「めちゃくちゃいいですね」と言ってもらうことよりも「もっとこうしたほうがよいよ」と言ってもらうことのほうがずっと価値があるんだろうな。

 

鍵は頼みごとをする恥、赤の他人に最も基本的で本質的な欲求をさらけだす恥の克服だった。これは頭で考えるよりも難しい。

お願いしたりするのは勇気がいる。でも、過去にあった経験から考えてそれは容易であったと。「営業練習でも最強はナンパすること」と言われたことがあるが、少しそれに通ずる部分があるような気がする。

 

リーダーとしてのあなたの仕事はかられにルートを判断させることである。だから、リーダーとして全員を野営地に必ず到着させるための最善の方法は、行き方ではなく行き先を伝えることである。

優秀な仲間がいれば、臨機応変にゴールを目指してくれる。むしろ、すべてのことを幅広く知り尽くすことはできない。だから、仲間がいる。知識も経験も豊富な人のほうがその道に関しては正しい判断ができる。そのために、そういう仲間集めが重要だし、その人を信じ切ることが何より大切。

 

私がネットフリックスで学んだ教訓のひとつが創造的なアイデアの創出や適材集めだけではなく。集中する必要性だった。

これはホントその通り。特に人が少ないとリソースも分散してしまう。先を見据えて判断する必要がある。

 

自由と責任の文化が徹底的な正直さと結びつくと魔法のような効力を発揮した。素晴らしい成果が上がったばかりではなく、社員も喜んだのだ。責任をともなう意思決定をする判断力がある人は意志蹴っての自由を喜ぶ。

本当に素敵な企業文化だと思う。自由と責任を理解していない人が多い。それを自分も体現しなければならないと感じた。

 

目標を達成し、夢を実現し、家族の愛から心の栄養をもらう。(中略)これが成功ではないだろうか。

お金だけではないと常々感じる。家族と一緒にいられることや、そこでの充実した時間こそが仕事に打ち込むことができる活力になっていると強く感じる。


読み終わって本当に気持ちが高ぶった。自分もなにかやってみたいと思ったし、アイディアはどんどん人に話し、フィードバックをもらい、行動に移して行く必要があると感じた。

今やりたいことや課題に感じていることがあり、それらの問題を愛し、諦めずに突き進んでいきたい。